アクセスランキング

【ゾッとする話】夢か現実かのお見舞い

   

以前パチ屋で住み込みで働いていた時の話

その日は朝から調子悪くて、フラフラしながら仕事してた。

主任に

「大丈夫?熱あるんじゃない?」

って聞かれて初めて熱が出てたのに気がついた。

事務所で熱はかって来るように言われ、はかってみたら案の定39度位あった。

「今日はこのまま自室に戻って休んでいいよ。」

と主任が部屋に帰してくれた。

この時確か午前11時位だったと思う。

部屋は店の上の寮の1室で店の裏口から出て素直に部屋に戻った。

布団を敷いて横になったら、熱のせいかすぐウトウトし出した。

暫くして部屋のドアノブがガチャガチャと言い出した。

同じ寮の非番の誰かがお見舞いにでも来てくれたのかなー…

なんてボンヤリ思ったけど、部屋には鍵をかけてたんだ。

でもおかしいんだよね。

普通ならドアをノックするハズなのに、そいつはノブをノックもなくずっとガチャガチャやり続けてる。

なんだようるさいなー。

って思いながら渋々ドアの方へ行こうと体を起こした。

そしたら体が動かない。

それこそ指1本も。

これが噂の金縛りかっ!?

なんて思いながらも必死で動かそうとしてた。

そしたら鍵のかかってたハズのドアが突然開いた。

「よぉ~、○○!大丈夫か~?」

そんなノリでいきなり同じ寮のセンパイが入ってきた。

「風邪で熱出たって~?いやオレ心配できちゃったよ~」

ヘラヘラしながらセンパイは話かけてきた。

いや自分今それ所じゃないんです。

熱でフラフラするしオマケに金縛りで動けないんです。

それを言いたくても言葉も何故か出ないんです…。

そんな事考えてたら、先輩の後ろから主任まで来て

「なんだ、○○、寝てるのか。大丈夫か?」

なんて暢気にほざいてくれる。

いや今金縛りで…つかなんであんたら勝手に人の部屋入ってくるの。

こっちが内心ジタバタしてたらセンパイと主任はなにやらその場でぼそぼそ話し出した。




そしてそのまま二人ともこっちに近づいてきた。

今ダルイしほっといて~!

つか金縛りなんとかして~!!

そう思った瞬間、体が動いた。

慌てて起き上がってセンパイと主任に話しかけようとしたらそこは誰もいない。

慌ててドアを調べたけど、鍵はキッチリかかってる。

もしかして夢だった?

そう思って時計見たら午後2時過ぎ。

確かに眠っていたとは思うけど妙にリアル(?)で夢なんかじゃなかったと思う。

次の日、そのセンパイと主任にその事を話したらその時間は仕事でホールにいたらしい。

他の従業員からは、センパイの生霊だ!ってからかわれたけど。

それからもう何年も経ってるけどあれはやっぱり夢じゃないって思ってる。




 

 - 超常現象