アクセスランキング

【ゾッとする話】困った人を助けて家に帰って話したら

      2017/04/14

知っている方も多いかと思いますが、書き込みします。

これは毎日新聞の記者さんが実際に聞き、掲載したお話です。

ある日の雨の降る夜、会社から家路を急いでいたAさんが田んぼのあぜ道で何かを探している人に気付きました。

「どうしました?」

Aさんが問い掛けるとその男性は消え入りそうな声でこう言いました。

「長男に買ってきた消防車のオモチャが見つからないんです。」

「そうですか…一緒に探してあげましょう。」

とAさんも泥がつくのもイヤがらず一緒に探しました。

でも、どんなに探しても全然見つかりません。

二人で泥だらけになりながら、雨の中必死で探しました。

「無いですねぇ…。」

何気なく男性の横顔を見たAさんはおかしな感覚を覚えました。

「…あれ?、この人どっかで見た様な…。」

でも、そんな気にも留めませんでした。

「無いなぁ…困ったなぁ…。」

そう言う男性を慰め、ほんのちょっと下を向いた時に、男性の気配が無くなりました。

「あれ?」

周りをいくら見渡しても男性の姿は見えません。

「おっかしいなぁ…」

不思議と怖さも無く、泥だらけの姿で家に帰りました。

その泥だらけの姿を見た母親から

「どうしたの?」

と尋ねられたAさんは今あった事を母親に話ました。

みるみる内に母親の顔色が変わって行きます。

「どうしたん?」




そう言うAさんの前に母親は古いアルバムを持って来ました。

「その男の人って…この人かい?」

Aさんがアルバムを見ると、そこには幼いAさんを抱いたさっきの男性が写っていました。

「あ……。」

Aさんは言葉を失いました。

母親はAさんが小さかった頃他界した父親の話をしてくれました。

おもちゃの消防車を買って帰る途中で車にはねられる事故で他界した事も…。

「あんたが一緒に探してくれて良かった。」

と母親は号泣したそうです。

以上がそのお話です。

これは全てウソの話です。

毎日新聞の記者もウソだと知って掲載したそうです。

その記者はこの文章を、こうくくっています。

「これはウソの話ですが、僕はこのおもちゃの消防車を探す幽霊が大好きです。」




 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 , ,