アクセスランキング

【ゾッとする話】四十九日に現れた突然亡くなった大学生

      2017/06/09

8年前の話です。

趣味の仲間で、みんなに可愛がられていたとても明るい大学生

K君が突然自殺しました。

辛い悩みをかかえて、それでも明るくふるまっていたのが後で分かって、何もしてやれなかった自分に腹が立って泣けました。

個人的には特別親しくしていたわけではなかったけれど、どうしてあんなにいいヤツがこんなに若くして死ななければならなかったのだろう?
自殺して、成仏出来るんだろうか?と心配でした。

そしてある日、夢を見ました。

自分がスーパーでレジ打ちをしていて(実際はそういうバイトはやっていない)、そこにK君が客として現れたのです。

「えっ?K君死んだんじゃなかったの?」

と言うと、

「何言ってるんですか、ホラ足ありますよ!」

とニコニコしながら答えてくれたんです。




「そう、良かった…元気でね!」

と言うと、

「ありがとうございます。じゃあまた!」

と、ずっと笑顔のままで去って行きました。

とても素敵な笑顔でした。

そこで目が覚めたのですが、その日は、K君の四十九日でした。

きっと、成仏出来たんだと信じています。




 

 - 超常現象, 金曜日の恐い話 , ,