アクセスランキング

【ゾッとする話】一つずつ襖を開いて近づいて来る何者か

   

私が母に

「何か恐い話ない?」

と聞いたとき、母が嫌々ながらに語ってくれました。

母が17歳位の頃、母のお母さん(私にとっての祖母です)が病院に入院した時の頃です。

夜、母が姉と一緒に1つの部屋で眠っている時、玄関の開く音が聞こえました。

祖父は少し前に他界していたそうなので、誰だろう、と母は不思議に思ったそうです。

耳をすましていると、足音と共に居間への襖が開く音が聞こえたそうです。

そして、また次の襖が開き、次の襖…

まあまあ年代のいってる方ならわかると思いますが、

昔の家は大きな長方形型で、部屋は襖で仕切っているだけなので襖を開けていけば、家の端から端まで部屋が繋がるんです。

そうして段々自分達の部屋に近づく足音に耐えられなくなり、

母は姉を起こそうとしました。

しかし起きてくれなかったそうです。




もうどうしようもなくなり、母が布団をかぶると自分達の部屋の襖が開いたそうです。

怖さで、布団から出ようなんて思いもしなかったといっていました。

しばらく沈黙があり、その誰かはまた一つずつ襖を閉めて帰っていったそうです。

母は恐いものが大嫌いで、アンビリバボーとか全然見たがりません。

なので、作り話とはとうてい思えません。

家に入ってきた誰かは泥棒だったのでしょうか?

母は、

「きっと、私とお姉ちゃんがまだ若くて心配だったから、私のお母さんが病院から様子見にきたのよ」

といっていました。

勿論、生霊という意味だと思います。





 

 - 怖い話/怪談 , ,