アクセスランキング

【ゾッとする話】ラッキーデイのありえない数字

   

一人の高校生が試験に向け徹夜で猛勉強していたときのこと。

ふと彼が顔を上げるとデジタルの卓上時計の時刻は1:11

どうって事無いことではあるが、この偶然は彼に試験に向けて

若干の自信を持たせるには十分すぎる出来事だった。

それからまた少し経ち、空腹を覚えた彼が1階のキッチンで何か作ろうと立ち上がったとき、視界の隅に入った時計の表示は2:22

夜食のうどんを食べ終えた彼が戻って来ると時計は3:33を示していた。




今日はきっといいことあるぞ、と彼はつぶやき、再び机に向かった。

外はだいぶ明るくなっていた。

彼は大きく伸びをした。

ふと、時計を見る。

うわああああああ!!!

彼は悲鳴を上げ、逃げるように1階へ降りていった。

6:66。




 

 - 超常現象 ,