アクセスランキング

【ゾッとする話】バックパッカーの恐怖…後一歩逃げるのが遅れていたら

      2017/03/27

20代のとき、バイクでの宿無しの旅にすごいハマってて、大学の長期休暇のたびに国内のいろんな所で野宿したり、優しい人の家に泊まったりして楽しい旅をしていた。

そういう旅をしていると、「知らない人に泊めて貰う」事にすごく鈍感になって、

「カベのある所で寝られりゃドコでもいーや」

位にしか思わなくなっちゃう。

(たぶん同じ事してた人なら共感してくれるはず)

で、とある超田舎で野宿も出来ない所(野猿が出る)に辿り着いてしまい、どうしようかな、と思ってるところに、

すごい優しそうなお爺さんが乗った車が急停止してきて、開口一番

「ウチ、泊まれよ!」

って言ってきた。

今、思えば、

「いきなり『泊まれ』なんて言う人初めて見たな…」

ってちょっと疑ってた。

完全に安心しきって、お言葉に甘えて泊まりに行ったら、予想通りのボロ屋。

でも、部屋に入ってすぐ物凄い大雨になったので、ツイてたなーって話しながら地酒や山の幸をご馳走になり、風呂もご馳走させていただいた。

風呂から出ると、雨脚も強まっていて、

「このまま2,3日泊まらせてもらうかな…」

って呑気な事考えてたら、俺の服がない。

爺さんに聞くと、

「汚れてたから洗濯してやった。乾くまで俺の服を着ていろ。」

って言われた。

その服は浴衣みたいな服で、外に出られるような服では無かった。

流石に、その勝手な行いにはかなり腹が立って、

「ドコに俺の服を置いてんだよ!大雨の日に洗濯したら出られねえじゃねえか!」

って激怒して、爺さんと揉み合いになりながら家中の部屋を探し回った。
部屋は居間を挟んで三つ。

どこにも俺の服は無かった。

まだ探し回りながら、

「風呂に入ってる途中にモノを盗る、完全に物盗りだ!絶対警察に突き出してやる!」

って思ってた。




その矢先、便所のドアを開けると、便所が変わった作りだった。

ドアを開けると、便所があって、その向かいもドアなの。

両側にドアがある。

どう考えてもおかしい。

この先に部屋がある!って思ってドアを開けようとしたら、爺さんが物凄い形相で後ろから組み付いてきて、老人とは思えない力で便器に何度も頭を叩き付けられた。

俺は、物取りへの怒りより命の危険を感じて、全力で爺さんの顔面を殴りつけた。

爺さんは鼻の骨が折れたらしく、すごい鼻血を出しながら、やっと俺は解放された。

でも、服や荷物が無い事には外に出られない。

そのドアを開けると…中は、異常な光景だった。

8畳くらいの和室の真ん中に、分娩台?のようなベッドが置かれ、畳の上には無数のバイブ。

やっとこみたいな工具もあった。

部屋の隅には、黒ずんだ染みの着いたガーゼが詰め込まれている段ボール。

それと、すさまじい異臭。

俺の服はその部屋に丁寧に畳まれて置かれていた。

なるべく、周りを見ないように、震える手で服だけを取り、着替え終わると走って外へ出た。

爺さんはまだ便所で気絶していた。

玄関のドアを開けると、大雨。

でもかまわず停めてあるバイクへ一直線に走ると、なぜか雨が降っていない。

嫌な予感がしたが、バイクに跨ったままそのボロ屋の屋根を見ると、

何本ものホースを束ねて持った、白いTシャツを肩まで捲くった漁師風の浅黒い筋肉質の男が玄関に向かって水を噴射していた。

そいつは「なんでもない目」(としか言い様が無い)で俺を見ていた。
目が合ったのはどれくらいだったかわからないけど、すぐバイクでフルスロットル加速して逃げ出した。それ以来、旅はやめた。

後に、その土地は観光客もほとんどいないので宿もなく、野猿等が出るため野宿も出来ない。しかし、地理的にパッカー等がそこで一旦休まざるをえない事が多いらしく、ハードなゲイの方々がそこで集団で生活し、パッカー達を慰み者にしているらしい、という噂を聞いた。

でも、俺が見た光景はそんな生易しい物ではなかった。

宿無しの貧乏旅行をしていた人ならわかると思うけど、泊めてくれた優しい人がゲイで、少しイタズラされた、なんてのはパッカー達の間では「よくある笑い話」で片付けられてしまう事が多いので、少しくらいのイタズラなら問題にされない事が多い。

「泊めてもらって、メシまで食わして貰ったんだから
少しくらいサービスしてもバチはあたらない。」

そういったパッカー達の心理をホモの方々が狙う様になる、って言うのはわからんでもない。





 

 - 猟奇的な話 ,