アクセスランキング

【ゾッとする話】ドロドロした赤黒い液体

   

オレが小学校4年の頃だったかな。

土曜日で午前中に学校が終わり、友達4人ほどと旧校舎に行くことになった。

旧校舎ってとこはずいぶん昔に使われていた校舎で、当時は既に使われていなかった。

うす気味悪く、埃くさいその雰囲気から、幽霊が出るとの噂は耐えなかった。

んで、オレ達は小学生の興味って言うのかな、旧校舎をいつか探索したいって思ってた。

で、一階の1年の教室が並ぶ廊下を抜けるとまもなく旧校舎の入り口についた。

新校舎のせいで日があたらなくて、外は晴れていたんだけど薄暗かった。

二階も三階も見たけど全然何ともなくて、教室がかなり荒れてるな、って思ったくらい。

で、最後にみんなでトイレに行こうっていうことになって、二階のトイレにいったんだ。

そん時は旧校舎の水道も使えたんで、四人同時に用を足した。

そのあと、小便器の上に据え付けられているタンクから水が流れたんだけど、それを見てまじびびったよ。




流れてんのは水じゃなくてドロドロした赤黒い液体。

見た感じ完璧に血だったね。

それも腐った。

そりゃあ、みんな尋常じゃないスピードで外に逃げたよ。

気づけば運動場でへたってた。

旧校舎は立ち入り禁止だったんで、先生に言うわけにもいかない。

そこで、顔見知りだった用務員のおじさんに、なぜ旧校舎に入ったらだめなのか話を聞いた。

オレでも実は信じられないんだけど、当時から約10年ほどさかのぼった頃、同じように旧校舎を探検していた少年二人のうち一人がいなくなっちゃったんだと。

で、帰ってきた少年に話を聞いたところ、知らないおじさんに抱っこでどこかに連れて行かれたんだという。

その後その犯人は捕まったんだけど、少年のありかは謎のまま。

その犯人は指名手配中の殺人犯で、旧校舎に潜伏していたらしい。

校舎もまんべんなく調べられたんだけど、結局少年は行方不明のまま。

今でもまさかとは思うけど、怖くてその時体験したことは誰にも話せませんでした。

今ごろどうなってんのかなあ…。





 

 - 猟奇的な話 , ,