アクセスランキング

【ゾッとする話】スープの素は意外なアレでした…

   

おいしいラーメン屋マジ話。

当時、行列のできるラーメン屋でバイトしていた俺は店長に美味さの秘訣を聞いた。

「店長の作るラーメンほんと美味いっすね。すっきりしてるけどコクっつーか。食べててガツンと来る味っすよね!」

ほんと食べてるときに天国にいったかのようにハマってしまう不思議な味がする。

店長は誇らしげに秘密のスパイスを見せてくれた。

「鳥ダシって思うだろ?違うんだな。これも使ってる。」

変な肉の塊を見せてくれた。

「なんの肉すか?それ?」

店長は得意げに教えてくれた。




「別に変なもんじゃないぞ。これ、蝙蝠の肉だよ。XXXで取れる。」

俺はたまげた。

蝙蝠の肉がスープの元だという。

「現地じゃ普通だよ。XXXを旅行したとき普通に料理されててな。ハマったんだよ。」

へぇー。

まあ企業秘密だと。

俺も就職してたまに店長に挨拶するくらい顔出さなくなった。

今でもあいかわらず行列のできる人気店だ。

電車の中で雑誌を読んで仰天した。

「XXXで取れる蝙蝠はソテツ(神経毒)を餌にしているため、蝙蝠を食べる人もまた神経毒に犯される。旅行者には注意を呼びかけている。」

ソテツ、蝙蝠の神経毒の後遺症…一時的記憶喪失、脳障害。

どうしよう…




 

 - 猟奇的な話 ,