アクセスランキング

【ゾッとする話】イメチェンの気になる訳とこれから先の生き方

   

友人N子が、ある日突然すごいイメチェンをして登校してきた。

喪女仲間のN子は、それまで化粧やおしゃれに興味がなく、常にスッピンで髪も染めず腰あたりまで伸ばし放題で、服も黒系統の地味な服を着てくることが多かった。

そんなN子が突然化粧ばっちりして来て服やアクセサリーも派手な感じで、髪もばっさり切って明るいショートにしておまけにパーマもあててくるという大変身を遂げ、周囲の友人はみんな驚いていた。

私も、つけまつ毛バシバシで胸ぐりが開いたキャミ&ショーパンといった、おしゃれというよりはケバくなったN子を見て、はじめはN子だと分からずドン引いた。

当然、私を含めた友人みんながどうしていきなりおしゃれ?に目覚めたのかN子に聞いたが、N子はいつもお茶を濁していた。

元々N子はおとなしい性格で友人たちも似たような性格の子が多かったため、次第にN子は周囲から敬遠されて孤立していったが、それでもケバファッションをやめなかった。

その後しばらくしてN子が学校に来なくなり、

「悪い恋人ができて駆け落ちした」

「お水なバイトをはじめた」

「借金ができて夜逃げした」

などという嫌な噂が広まったが、N子が退学してからはその噂もすぐに消えた。

それから数年後、とある縁があって私はN子と再会し、一緒に私の家で飲むことになった。

相変わらずN子はケバファッションのままで更に整形もしたようで顔も少し変わっており、もう過去のN子の面影はほとんどなかったように思う。

私は、どうしてそんなイメチェンをしたのか尋ねてみた。

N子ははじめは誤魔化していたが、

「Rさん(私)には話した方がいいと思うから。」

と、酒を飲みながらぼつぼつとイメチェンの真相を話してくれた。

ある日の深夜、バイトを終えて自宅に向かっていたN子は、帰路の途中にある小さな山で奇妙な人と遭遇した。

それは白い着物のような服をきた中年の男性で、片方の手には人形のようなもの、もう片方には金槌を握って山中の歩道をうろついていたそうだ。

白い着物の男はN子に気付くとこちらに向かって走りだしたので、N子は必死に自転車をこいで逃げた。

その時のN子は、あの男はおかしな恰好をした不審者か、病院かどこからから逃げ出した人だと思っていたらしい
(白い着物は病院着っぽくも見えたので)。

N子はしばらく扱ぎ続けていたが上り坂だったこともあり体力が尽き、後ろを振り返って男がいないことを確認してから立ち止まって休憩することにした。

しばらく息をついてから再出発しようとすると、前方数十メートル先に人がいた。

あの男だった。男は舗装された歩道ではなく、獣道を通ってN子を先回りしていたようだった。

N子は必死に来た道を引き返して逃げ、その日はバイト先近くの満喫で一夜を過ごした。




あの男は所謂『丑の刻参り』をやっており、N子はそれを目撃してしまったらしい。

丑の刻参りは、他人に見られると自分に呪いが返ってくるらしく、もし見られた場合は、見たものを殺すしかないそうだ。

自分の顔が男に覚えられていることを恐れたN子は、満喫近辺の美容院が開いてすぐに駆け込み、ヘアースタイルとメイクをしてもらった。

服も手近にあった店で出来るだけ真逆の印象になるものを購入し、鞄も買い換え、自転車は捨てた。

それからというものN子は男が自分を殺しにくることを恐れて、当時の『N子』とは真逆の姿をし続けていると言うのだ。

その話を大真面目にするN子を、酒の入っていた私は笑い飛ばした。

どう見ても被害妄想乙で、心配症にしてもやりすぎだと。

そう言う私の顔を見つめて、N子は申し訳なさそうに言葉をつづけた。

「あの男は今でもあの町に居て、私のことを探している。Rさんは気を付けた方がいい。当時の私と少し似ているから。」




 

 - 怖い話/怪談 , , ,