アクセスランキング

【ゾッとする話】そこで笑っていたのはボロボロボッサボサの婆

      2016/12/16

小学3位の時、カゼをひいて学校を休んだ日の事。

熱も結構出てて朝ごはん食べてずっと横になってた。

2~3時間位、寝てたのだろうか?

ふと目がさめる汗びっしょりで気持ち悪かった。

何気なく窓の方を見る。

『!!』




うちは道路に面したアパートの1階で寝てた部屋から外の風景が見えるんだけど、真っ黒のボロボロの布?を着た髪もボサボサのおばあさんが、窓の向こうの電信柱に両手両足を巻きつけてしがみついてて、こっちを見てめちゃくちゃ笑ってた。

怖くなってすぐ布団被ったからどれくらい

『そこ』に『いた』

のかは分からないけど、怖かった。

幽霊かどうかもさだかではないけれど、ただただ怖かった。





 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , , ,