アクセスランキング

【ゾッとする話】あの夏の封印された記憶

   

記憶を無くした人間はふいに記憶を取り戻した時、記憶をなくす直前の行動をとる。

この文を読んだ時、俺はあることを思い出した。

先輩は8才の夏、一ヵ月ほど行方不明になった。

誘拐されたと思った先輩の親は、警察に捜索願いを出した。

一ヵ月後、先輩は警察に保護された。

が、先輩には一ヵ月の間の記憶が抜けていた。

住んでいた場所からかなり離れていたことと、一ヵ月の間何を食べていたのかわからないが、健康状態は良好だったことから、やはり何者かに誘拐されていたのだろうという結論にいたった。

先輩には彼女がいた。

知り合ったのは大学に入ってかららしいが、入学して間もなくつきあい始めたらしい。

冗談で先輩の彼女に、

「先輩のどこを好きになったんすか?」

と聞いたら、

「わかんない」

笑いながら答えてくれた。

サークルの夏合宿は、長野県に決まった。

長野に決まったのは先輩の意向だった。

夜、みんなで怪談話に盛り上がっていた時、事件は起きた。

先輩の彼女が何かに憑かれたようにけたたましく笑いだした。

笑いながら

「あの夏…」

と繰り返している。

先輩は彼女をなだめていたのだが、急に棒立ちになり、顔つきが変わった。

両手を前につきだしている。

細かく手が震えた。

「また私を殺すの?」

先輩の彼女がつぶやく。

「お前は死なない。死ななかった。死んでいたのに。」

言いながら先輩は彼女の首を締め始めた。




彼女が狂ったように笑う。

先輩の目は血走っている。

俺たちは目の前で行なわれていることに、しばらく反応できなかった。

彼女の顔が青ざめていく。

「何やってんですか!先輩」

誰かが叫んだ。

それを機に数人が先輩を止めに入った。

それ以来、先輩は学校に姿を現さなくなった。

先輩の彼女は学校を辞めた。

あの夏合宿の事件のことは全く覚えてないらしかった。

「死ななかった。死んでいたのに。」

先輩のこの言葉が、ずっと引っ掛かっている。

今となっては、真相を知ることはできないが、あの時先輩は全てを思い出したんじゃないかと思っている。





 

 - 怖い話/怪談 , ,