アクセスランキング

【ゾッとする話】「魔が差す」未来人の指令?

   

友人が人に聞かれちゃまずい、とでも言うような小声でこんな話をしてきた。

「通り魔、ってあるだろ。急に誰でもいいから殺したくなった、魔が差した、ってあれだよ。実はあの被害者たちは、都合が悪い人間だから殺されてるんだ」

友人はおかしなところがあるやつで、度々こういう陰謀論めいたことを口にしていた。

「じゃあ通り魔をしてるのは、その連中の仲間とか、共犯なのか?」

適当にそう返すと、友人は我が意を得たりという風に気味悪く笑った。

「違う。彼らは操られてるだけなんだよ。通り魔って、計画的な殺人とは違うだろ?あいつらに都合の悪い人間を殺すために、利用されてるだけなんだよ」

荒唐無稽もいいところだった。

人間をラジコンみたいに操るなんて、まるでゲームだ。

「どうやって操るんだよ。それにあいつらってのは誰なんだ?」

友人は更に顔を近づけ、ひそひそと耳打ちをした。

「どうやって操ってるかは俺も知らない。ただ、連中の正体は知ってる…未来人さ」

「未来人…」

「あぁ、連中は将来自分たちに都合の悪いことをする人間を、過去に遡って消してるんだ」

「そうか、分かった。帰って寝ろ。8時間以上だぞ」

その日はそれでお開きとなった。




それから2週間もしないうちに、友人が死んだ。

夜、自転車で買い物に出た時に、車に轢かれたらしい。

自転車は無灯火だったそうで、警察もそのせいで発見が遅れたのだろうと考えた。

しかし、逮捕されたドライバーは、ちゃんと彼が見えていたという。

それでも、なんとなくブレーキを踏む気にならなかったのだと言ったという。

何故ブレーキを踏まなかったのか、殺すつもりだったのかと詰問する警察に、彼は言った。

「分からない、殺す気なんかなかった。ただ、魔が差したんだ」




 

 - 怖い話/怪談, 金曜日の恐い話 , , , ,