アクセスランキング

【ゾッとする話】「忌み名」を用いる習慣

   

寄り合いの場で聞いた話。

一人の若者が山で仕事をしている最中、どこからか自分の名を呼ばれた。

山で名を呼ばれても返事をするな、というのが村の言い伝えだったが、とっさに

「おーい!」

と返事をしてしまった。

その日の夜、山の方から若者の名を呼ぶ声が村中に響き渡った。

村の誰もが聞き覚えのない、甲高い男の声。




心配した近所の者が若者の家を訪れたが、もぬけの殻だった。

以来、若者の消息は杳として知れず

村では、本当の名ではなく「忌み名」を用いる習慣がしばらく続いたという。




 

 - 猟奇的な話, 金曜日の恐い話 , , ,